読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代からのヘルスコンシャスライフ(仮)

つまり「美容」とか「健康」とか 「ダイエット」とか・・・

ベジタリアンという生き方②

f:id:yutachang0622:20170127170256j:plain

続きです。

 

ベジタリアンの生活を続けるとどうなるか?

体のだるさや日中の眠気なんかが無くなり、体が引き締まってきた

というのは前回お話しました。

ベジタリアンの生活にすっかりハマってしまった僕は

その後も継続して野菜を中心とした食生活を送りました。

当時の1日のメニューを例に挙げると

 

朝:バナナ、ブルーベリー、キウイ

昼:トマト、ブロッコリー、レタス、アーモンド

夜:味噌汁、豆腐、サラダ(山盛り)、きのこソテー

 

ざっくりとですが、まぁこんな感じでしょうか。

 

まず朝は基本フルーツのみ。

2、3種類を好きなだけ食べるという感じです。

ところで、食後眠くなるっていう経験は誰しも1度はありますよね。

実はあれにはちゃんとした理由があって

「今は消化にエネルギーを使ってるから、体は動かさないでよー」

っていう体からのサインなんですね。

だから動かないようにと眠気を感じるっていうメカニズムなんです。

そこで出てくるのがそう、フルーツ。

フルーツは総じて消化が早いという特徴があります。

スポーツ選手が運動前にバナナとか食べるのも、すぐにエネルギーとなって消化されるから。

ちなみにバナナはフルーツの中で最も消化に時間がかかるとされていますが

それでも1時間くらいで消化されてしまいます。

これがご飯やパンを朝食とした場合はどうでしょう。

炭水化物は主に8〜12時間ほど消化に時間がかかると言われています。

つまり、これから1日が始まるというタイミングで

ご飯やパンを食べたが為に、同時に眠気との闘いが始まってしまうわけです…

朝食をフルーツにすると、食後の眠気がほぼ無くなります!

何せ食べたそばから消化されてしまうんですから、眠気を感じる暇がありません◎

 

昼と夜は野菜を軸に基本的には好きなものを食べます。

夜は活動量も下がるので、腹八分というか軽めが基本ですかね。

中でも1日の食事にぜひとも取り入れたいのは「味噌汁」

味噌汁は夕食の時に今でも毎日のように飲むのですが

その味噌はビタミンやミネラルなど豊富で、とても栄養価の高い優良食品です。

さらに豆腐でたんぱく質を取りつつ、サラダやきのこで食物繊維もおさえます。

 

一見質素な感じですが、これがまぁ実際に質素ですw

でも決して無理してるとかそういう感覚は全くありません。

こういった栄養バランスを考えた正しい物を食べ慣れると

自然と正しい物を体が欲するようになるんですよねー。

自分の体が自分の選んだ食べ物から出来ていると思うと

安心安全で質のいいものを選びたくなります◎

 

正しい空腹

フルーツをはじめ、例に挙げたようなシンプルな食事は消化が早いです。

つまり食後数時間もするとお腹が空くんです。

そしてその空腹には嬉しいメリットがあります。

 

アンチエイジング効果が高まる!

食べ物を消化するには、膨大なエネルギーが必要です。

そのエネルギー量たるやフルマラソンと同等とも例えられるほどです。

これがフルーツを食べることによってどうなるか。

それはつまり、エネルギーの大幅に節約に繋がるんですね!

すると、今まで消化に使っていたエネルギーが

成長ホルモンの生成や肌の修復などに回るようになって

アンチエイジング効果が高まります。女性には嬉しいポイントですよね◎

 

体のキレがよくなり、パフォーマンスが上がる!

適度な空腹はパフォーマンスが飛躍的に向上します。

頭の中はとてもクリアになり、体はキレキレ、思考的にもとてもポジティブになります◎

 

野菜中心の食生活は、若さを保つのにもうってつけと言えそうですよね!

 

まだまだ続きます…

 

広告を非表示にする