読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代からのヘルスコンシャスライフ(仮)

つまり「美容」とか「健康」とか 「ダイエット」とか・・・

大事なのは 体重ではなく見た目です

f:id:yutachang0622:20170301100405j:plain

前回「増える」と「太る」という話をしたので 

今回もちょっとそれに関連する話。

 

こちらの画像をご覧ください。

f:id:yutachang0622:20170228091927j:plain

これは 体重60kgの女性2人を比較したものです

同じ体重でもこれだけ見た目が違うんですね。

あなたならどちらの体型を目指しますか?

 

見た目の違いは脂肪か筋肉かの違い

先の画像のように見た目に違いが生じる理由はどこにあるのでしょうか。

筋力アップを目指し トレーニングを行っていると

体脂肪は減っているのに体重が重くなるといったことが起きます。

普通は体脂肪が減ったのなら体重も減るのでは? と考えますよね。

こういった矛盾はなぜ生まれるのか。

それは脂肪と筋肉とでは比重が違うから。

脂肪より筋肉の方が比重が重いんです。

比重とは大きさあたりの重さのことで 密度と言い換えてもいいかもしれません。

密度が高いほど重量的に重くなります。

これは脂肪と筋肉の関係においても同様です。

 

そしてもう一つポイントがあります。

それは脂肪より筋肉の方が体積が小さいという事。

同じ重さの脂肪と筋肉とでは、筋肉の方がコンパクトに体に納まるんですね。

脂肪が多く筋肉の少ない人がポヨンと丸みのあるフォルムなのに対し

筋肉質な人は 体のラインもシュッとしてて見た目もシャープです。

 

コーヒーで例えるなら 比重が重く体積の小さい筋肉はエスプレッソ

対して 比重が軽く体積の大きい脂肪はアメリカン みたいな感じでしょうか。

これこそが女性の見た目に違いが生じた理由なのです。

 

まとめ

体重減とはならなくともトレーニングによって体は確実に変わります。

ちょっとお腹まわりを触ってみましょう。

なんとなく以前より薄くなってきた感じがしませんか?

体重計の数値はあくまで目安大事なのは見た目です!

広告を非表示にする