30代からのヘルスコンシャスライフ(仮)

つまり「美容」とか「健康」とか 「ダイエット」とか・・・

体は消耗品ではありません

f:id:yutachang0622:20170314215833j:plain

パンやケーキ、揚げ物といった高カロリーなもの

逆に低脂肪・低カロリーなどを唱った食べ物

こういったものを常食してる方は健康への道のりが険しいと言えます。

今回はそんな食べ物の盲点についてのお話です。

 

中身がスッカスカ

高カロリーなものなら未だしも、低脂肪・低カロリーの食べ物は一見ダイエットに効果がありそうですね。

しかしそこには落とし穴あります。

それは栄養素

これらの食品には大事な栄養素が含まれていないんです。

糖と脂肪で出来た高カロリー食品は体脂肪の増加に繋がりますし

質のいい栄養素は低脂肪・低カロリーでは存在し得ません

肉や魚は脂肪分もカロリーも比較的高めですが、含まれる栄養素も高くなります。

どちらが健康的な食事であるかは言うまでもありません。

 

もっと食べ物に投資しよう

コンビニや安売りのスーパーは大量生産の物で溢れかえっています。

健康の事など二の次で、見た目や安さを売りにした物ばかり。

作る方も作る方だけど、消費者も消費者。

食べ物に対するリテラシーが低いと思うんです。

カロリー過多で栄養素がスカスカな物をいくら摂っても意味がありません。

健康な身体を手に入れたいのなら もっと食べ物に投資をしましょう

ウサギのエサみたいなカット野菜ではなく 生産者の顔が見える有機野菜を買ってみるとか入り口はなんでも構いません。

続けるうちにモノを見極める力も磨かれ 意識は必ず変わります

 

まとめ

体は消耗品ではなく一生付き合っていかなければいけないもの

だからこそ毎日のケアが大切です。

健康な身体と食事とは切っても切れない関係

その食事は未来の自分を見据えたものですか? 

広告を非表示にする