30代からのヘルスコンシャスライフ(仮)

つまり「美容」とか「健康」とか 「ダイエット」とか・・・

悩める冷え性女子たちに捧ぐ

f:id:yutachang0622:20170216205956j:plain

手足の末端の冷え。気になりますよね。

まだまだ寒いこの時期

女性は特にこの冷え性で悩んでいる方も多いかと思います。

今回はその原因について探っていきたいと思います。

 

意外と見落としがち? 毎日の食べ物・飲み物

毎日の食生活が体の冷えを招く原因となっていませんか?

食べ物には体を冷やすものと温めるものがあります。

 

f:id:yutachang0622:20170216205928p:plain

 

これらはマクロビオティックに代表される陰陽の考えを元にしており

地面より上に育ち 暑い気候の土地で採れるもの体を冷やす陰性

地面より下に育ち 寒い気候の土地で採れるもの体を温める陽性

大まかにいうとこのように分類されます。

食べ物には旬がありますよね。

夏場だったら トマト なす きゅうり

冬場だったら 大根 人参 ごぼう れんこん etc…

夏野菜は火照った体を冷やしてくれますし、冬野菜には体を温める効果が。

つまり旬のものを旬の時期に食べるというのは実に理にかなった食生活なんですね◎

栄養を考え、どちらもバランスよく取ることが大切ですが

陰性のものが多い食生活というのも冷え性のひとつの原因かもしれません。

余談ですが、僕は一息つく時コーヒーを飲むのが習慣でした。

しかしコーヒーが体を冷やすと知り、代用品としてチコリコーヒーやたんぽぽコーヒーを飲むようにしました。

たんぽぽやチコリは体を温めるだけでなく、内臓機能を高める効果もあるので

代謝も上がり、以前より冷えを感じることが少なくなりました。

ちょっとした変化ですが その効果はてきめん! オススメです!

 

空調機器の使い過ぎにも注意

エアコンなどの空調機器にも注意が必要です。

部屋と外との温度差が激しいと体温の調節機能に負担がかかり、冷えを助長してしまいます。

体温の調節機能を司る自律神経の乱れは冷え性の原因

寒さ対策として1枚多く羽織ったりブランケットを掛けたり

それでも寒さを感じる時は適度に空調を使うなどして

うまく体温をコントロール出来るように意識しましょう。

 

バスタイムはきちんと湯船に浸かりましょう

「いちいちお湯溜めるのめんどくさいし もったいないし…」と

普段シャワーで済ませてしまう方も多いかと思いますが

ちゃんと湯船に浸かるというのはやっぱり効果があるんですねー。

特に寒い時期はシャワーだけで済ませてしまうと、風呂場と洗面所との温度差で体が冷え血流が悪くなってしまいます。

37〜38℃くらいのちょっとぬるめの温度のお湯に10〜20分

本を読んだりマッサージでもしながらのんびり浸かってみてください。

体の内側から温かくなり、冷え性の改善に効果がありますよ◎

  

単なる冷えと侮るなかれ!

昔から冷えは万病の元と言われていますよね。

そのまま放っておくと血流が悪くなり免疫力や新陳代謝は低下

行く末は心疾患など重大な病気にも繋がりかねません。

そうならない為にも普段から冷えに対するセルフケアを心がけることが大切です。

・こまめに体を動かして血流の滞りをなくす

・手足のツボを押してみる

・体をさすってリンパマッサージ などなど

今すぐ出来る冷え性対策はいっぱいあります。

冷えに対する意識を改めて 健康的なカラダを目指しましょう!

広告を非表示にする